アクセスカウンタ
プロフィール
phoenix
phoenix
性別: 
血液型:A型
生息地:福岡市
原産地:大阪市
出生年:1970年代の早め
妻と愛犬たちと一緒に暮らす会社員、休日と言えばコイツらと遊ぶばかりです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2009年09月22日

ニオイ作戦

以前にここで公表した通り、やがて姫ちゃんのお家へと巣立って行く予定の苺ちゃんですが…ここで1つ、とても厄介な問題があるのです。icon05
これまでの顔合わせで、どうも姫ちゃん側の反応が良くないのですよ。icon11

そりゃまぁ、1頭飼いのお宅に2頭目を迎えるって事ですから…少なからず障害があるモノ!いかに回避するかは、大きなテーマとなるのです。icon21


****誰ですか?“花嫁衣裳”とか言ってたのは。(爆)****


そこで筆者から、アドバイスを兼ねたプレゼントを!この洋服、今となっては懐かしいらむねが産まれて初めて身に着けたモノなのですよ。icon27

つまり、こう言う事…この洋服に苺ちゃんのニオイをタップリと付け、身体よりひと足先に姫ちゃんのお家へと巣立って行くワケです!そうする事で、姫ちゃんが家族であると認識しやすくさせようって寸法ですね。icon53


****既に離乳食も卒業!ドライフードをカジってます。****


実はコレ、むさしを巣立たせる時に使った作戦です!先住犬のけんクンに馴染ませるべく、ニオイの付いた洋服先にお渡ししたのでした。icon100

コレが功を奏したのか、むさしの飼い主さんは割とスンナリ2頭飼いへと入って行けた様で…それなりに、作戦としては実績のあるモノなのです。icon12

どうか、苺ちゃんでも上手く行きます様に!icon99


****同じく、政宗クンにもめろんのお下がりを…。(笑)****


こうして、我が家では既に着れなくなった洋服たちが活躍するのですが…しかし超ブカブカ!気付けば、袖から前脚も後脚も出てたりします。face11

まぁ、とりあえずは着せるって事が目的じゃありませんからね…今はただニオイを運ぶ事に役立って貰い、普通に着てくれるのはその後で十分!はなびが着ていたかも知れない服、ちょっと嬉しかったりします。。。face01  


2009年09月18日

1ヶ月の歩み

昨日に続き、『かぐら日記』連投させて頂きます!ちょうど、生後1ヶ月を数えるイチマサ姉弟…やはり、色々と変化が見られる様になりました。icon53

今日は、その変化について…つまり、成長ぶりをお伝えしようと思います!鼻が黒くなり、目が開いたのは既出の通りなのですが、ソコから成犬へと至る間には、乗り越えなくてはならない壁がまだまだあるわけですよ。face09


****1ヶ月と言えば…そう!コレですよね。(笑)****


その1つとして、いよいよ離乳食が始まりました!らむね達にもこの頃から与えたモノですが…それに比べて、なんという穏やかな食事でしょう。face08

ってか、神楽ちゃんが偉いと思います…ウチの場合は、母犬がわれ先にと食べちゃってましたので!そのせいで、骨肉の争いとなったのでした。icon05
普通はこうでしょう、母犬たる者…仔犬に食べさせなくてどうしますか!icon101


****な、なんだか…らむねとむさしを見ている様な。(汗)****


見た感じ、食欲は圧倒的に苺ちゃんの勝ち~!政宗クンも食べたそうですが、こういう時は女の子の方が強いんでしょうね…ウチもそうでした。face11

どちらかと言えば、産まれて来た時に心配されていた方の仔がこの食欲ですから…コレはコレで、とても喜ばしい事と言えるのでしょう。icon12
また、幼少時に争って食べた経験が…犬として大事だったりもします。icon100

いずれ、おやつ争奪戦で役立つでしょうね!face02


****荒技:スタンディング授乳!やるじゃないですか。(爆)****


そして、ご覧の様にシッカリと4本の脚で立ち上がる様になって参りました!まだ、その辺をチョロチョロ歩き回るという感じでこそありませんが…ヨチヨチと、ちょっとずつなら自力で歩ける様にはなりつつあります。face01

こうなると、後は早いモノで…今に歩く事を完全にマスターし、自由に遊ぶ様になるでしょう!飼い主さんは、ソコからが本当に大変なのですよ。face15


****らむね:よぉ…ちょっとリラックスし過ぎなんじゃねぇ?****


コレ、どういう画かと言うと…イチマサが少し残した離乳食を、キレイに掃除して満足気に眠るめろんです!相変わらず、大人げないですね。face13

なんでまた、こうも仔犬の食べているモノを欲しがるんでしょうか?その行動に関しては、自分の仔も神楽ちゃんの仔も同じ事の様です。icon11
らむねにまで呆れられている様に見えるのが、なんだか笑えます。。。icon112  


2009年09月17日

ICHIMASA

さて、グリーンハートまで行ったからには…やはり、『かぐら日記』取材をせずに帰るってワケにいきません!書くと宣言しちゃいましたしね。icon21
こうして、行ける時に行っとかないと…スグに大きくなってしまいます。face12

そう言えば、いい加減ココでもお伝えしなきゃならない事が…それは、この姉弟の名前です!お姉ちゃんの方は、未発表のままでした。icon53


****どうです?ますます犬らしくなって来たでしょう~。****


トライカラーの弟クンは、既にお伝えした通り政宗クンという名前…巣立って行く茶色いコートのお姉ちゃんは、苺ちゃんと名付けられました。icon117

penpen家のブログをご覧の方には、とっくの昔にバレバレですが…苺ちゃんは、姫ちゃんのお家に行く事になります!ってなワケで、巣立つとは言っても、GHの周辺にしょっちゅう現れる事に変わりはありません。icon100


****らむね、撮影中だから…ってか、怒られるぞ。(笑)****


苺ちゃんと政宗クン、このイチマサ姉弟の屋外デビューがGHとなる事は、すでに決定的と言って良いでしょう!ソレばかりか、その後だって…いつでも母娘と一緒に遊ばせられると言っても差し支えないのですよ。icon112

いずれ、政宗クンは貞パパの実家へと巣立つ可能性がありますが…それにしたって、早くても年末になるとの事!時間はタップリあります。face15


****神楽ちゃんとイチマサ、まだ母犬の役目は終りません。****


従って、筆者としてはジックリとこの姉弟の成長を見届ける事が出来るワケで…このシリーズも、納得行くまで書き続ける事が出来るのです。icon63

今はこんなに小さな仔犬たちですが、なんせ母犬が小さいですからね!アッと言う間に母親の大きさを超えてしまう事だって、十分に考えられますし…これから、たくさんの名シーンを本編にもたらしてくれる事でしょう。icon12


****か、神楽ちゃん…何やら、ワルそうなのが見てるけど。****


コイツと絡むのも、もはや時間の問題かと!face11

そう、間違いなく…ヤツイチマサを狙っております!少しずつ大きくなり、動きも活発になって来た事で、好奇心を刺激されまくっている様です。icon05

出来れば、姉弟で連携して立ち向かったりして欲しいモノですが…どんな絡みを見せてくれるでしょう?今後、いよいよ興味は尽きません。。。icon99  


2009年09月09日

かぐら日記

気になって仕方が無い、神楽ちゃんの仔たちに会って来ました!こう頻繁に姿を見ておかない事には、あっと言う間に育って行きますからね。icon10
日記を書かない貞パパに代わり、ここで記録を担当しようと思います。icon63

そこで、本編リニューアル企画の一環として…また新たなカテゴリを加える事にしました!題して、『かぐらの育児日記』というのは如何でしょう。face02
やはり、本編ではこの手のネーミングがハマる感じがするんですよね。icon12


****神楽ちゃん:あ、どうぞ…勝手に書いちゃって下さい。****


ごく親しい間柄とは言え、やはり筆者が直接の飼い主というワケではないので…内容的は、そうとう端折ったものになると予想されます。face11
いいトコ、週に1回ですか…それ位のペースで扱えれば良いですね。icon105

コレはコレで、本当に貴重な記録となるでしょう!この子達が育った後も、そりゃ何かと母娘と絡む事になるでしょうし、そんな時に引用したり等…先々の事を考えれば考えるほど、書いておくべきだと思うのでした。icon21


****それにしても、賑やかな所に産まれたモンです。(笑)****


今に歩き出し、年端も行かぬ内から成犬達と接し…やがてグリーンハートの常連となって行くのは必至なのですから、そりゃもう社交性云々というのは自ずと養われる事でしょう!いやはや、楽しみな存在です。icon99

その第一歩として、早くも母娘との対面が実現しました!予想通り、母犬である神楽ちゃんはケロッとしたもので…やはり年中一緒に遊んでいる相手だからか、会わせるタイミングとして決して早くは無かった様です。icon100


****神楽ちゃんにも、余裕が出てきたと言う事でしょう。****


当の母娘も、今のところ強い関心を示すでもなく…仔犬好きのらむねとは言え、動きが少ないウチは面白がる事も無いというワケでしょうか。face16

また、これから育児というタイミングで仔犬を失っためろんについても、まったく興味ない様子…こうして見ると、母犬の母性とは視覚や記憶でなく、ホルモンの周期によって支配されているのだと、改めてよく解ります。icon112

とりあえず、何の問題もないって事ですね。face01


****神楽ちゃん:お前、絶対イラン事考えてるやろ。(怒)****


ただ、唯一反応を示した場面がコレ!興味薄いなりに、らむねが仔犬に近寄ろうとした際…間に神楽ちゃんが割って入り、遮ろうとするのです。face08
威嚇という程の反応でもないのですが、明らかに守ろうとしてますね。icon11

ムリもないでしょう…なんせ、これまでらむねが犯してきた悪行数々を、間近で目撃してきた神楽ちゃんです!いよいよ仔犬が育ってきた頃、この2人がどの様な動きを見せてくれるのか、それも興味深いですね。。。icon05  


2009年09月02日

トライの予感

先日よりお伝えし続けている、よかパピオフ会ですが…終了後に、会場であるグリーンハートよりほど近い、貞パパの家に立ち寄りました。icon16
申し上げるまでもなく、目的は仔犬成長ぶりを見る事にあります。icon21

この時点で生後17日目、56日と早めのお産であった事を差し引いても、63日換算で10日目という事になります!色々と、変化もあるでしょう。icon112
らむね達兄妹で言えば、この位の頃って事になるワケですよね…。face15


****とりあえず、政宗クンの色にビックリです!(驚)****


本編中にて、筆者もその可能性について触れたばかりですが…真っ黒で産まれてきた政宗クン、顔にうっすらと茶色が出てきております。face08
やっぱりトライだったんだ!それにしても、早くから出たモノですね。icon12

黒/白と言い切らなくて良かった…などと、ついそんな事を考えてしまいましたが、これが異なるカラーで繁殖する醍醐味なのでしょう!産まれてある程度育つまでは、本当にどんな色が出るかまったく判らないのです。face01


****目と鼻が…こんな変化も出てくる時期です。****


そんな予感がしてたんですよ!と、結果論。face15

写真の様に、産まれた時にはピンクの鼻が、徐々に黒く染まっていき…こうして、閉じたままだったも開いてくるワケです!この辺りから外見がイッキに仔犬らしくなり、日に日に可愛らしさを増してくる事となります。icon100

とは言え、まだ自由に歩きまわれるモノでもないので…そうそうワルさもできません!ある意味、最も可愛い時期と言えるのかも知れませんね。face11


****いやぁ~!我ながら、良いアングルで撮れました。(喜)****


母親の神楽ちゃんにも、ぼちぼち余裕が出てきた様子…以前はそれこそ仔犬につきっきりでしたが、それなりに自分の時間も楽しむ様になっています!筆者が行った際も、サークルを出てお出迎えをしてくれました。face02

思えば、めろんもそうでした…って言うか、もっと早くから飽きちゃってた様な気もします!と言うワケで、この辺はまったく心配する様な事でもなく、育児放棄とかそういう類の問題ではないと考えて良いでしょう。face16


****父親と、ウチではお目にかかれない光景ですね。(笑)****


既に父親の貞治クンを退ける様な行動も見られず、この通り微笑ましい姿を見せてくれる様になりました!コレって、家庭内での自然交配ならではの光景ですよね…我が家だと、父親そのものが居ないのですから。icon10

まだ母娘との対面はしておらず、この日も別室に隔離していましたが…この分なら、意外と早く会わせられるかも知れないと思いました!なんせ良く知る間柄ですし、会わせてみれば穏やかなモノかもですね。。。icon53  


2009年08月27日

メサイア

昨日の記事でご紹介した、貞治クンと神楽ちゃん子供たち…筆者にとっては、まさに救世主と呼ぶべき存在なのかも知れません。icon12
2頭とも元気に産まれてきてくれてありがとう!心から、そう思います。face01

いや、元気に産まれてきたのははなびも同じ…そこから順調に育ち、今尚スクスクと成長してくれている事こそが、本当に喜ばしいんですよね。face16
改めて、出産直後の2頭の表情をそれぞれご紹介させて頂きます。icon112


****こちらはお姉ちゃんの方、明らかな茶/白です。****


産まれる前…いえ、厳密に言えば交配よりずっと以前から飼い主さんが決まっていたこの子、ひと目見てブラウンと判る明るい毛色ですね。face08
どちらに行くかは、飼い主さんからの発表に委ねるとしましょうか。icon100

95gで産まれ、弟に比べると元気も無かったのですが…それでも56日目というタイミングでの数字です!63日を経て、尚且つ1頭仔として産まれたはなび77gだった事を思えば、それより全然大きいと言えます。face12


****そして弟クン、今のところは黒/白ですが…。****


こちらは、何の心配も要らない位に元気でした!手足をバタつかせて暴れ、音を立てて母乳を飲む…そうそう、こうでなきゃいけませんよね。face02
すべての黒毛に言える事ですが、後々トライになるかも知れません。icon53

この時点で既に名前も決まっており、政宗クンと付けられました…先々は貞パパの実家で暮らすプランもあるそうですが、しばらくは親元に残して育てるのだそうで、近々間違いなくらむねシメられる事でしょう。icon196

ごめん!政宗クン…今のうち謝っておこう。face11


****母犬となって、めろんの様に変わるのでしょうか?****


考えてみれば、はなびは産毛も完全に生え揃っていない状態で産まれてきたのです…この仔たちの姿を見て、改めて違いに気付きました。icon10
元気でも、お乳は飲んでいても…重大な何かが足りなかったのです。face07

願わくは、3頭でジャレ合う姿を見たかったですが、イヤそれはもう言いません!新しい仲間の誕生を歓迎し、今後の成長を見守ってあげたいと…勝手な思いですが、はなびの分まで存分に生きて欲しいです。。。icon21  


2009年08月26日

もう1つのお産

先月の初めに、生涯2度目の出産をしためろんですが…実は、その裏でもう1つの繁殖が進んでいたのでした!それははなび誕生目前に控えた頃のこと、貞治クンと神楽ちゃん自然交配を果たしたのです。icon12

2頭の飼い主:貞パパにしてみればその為のつがいだったので…これほどの吉報はありません!仔犬同士遊ばせようねと言っていたモノですが、ウチの方はと言うと、ご存じの通りの事になってしまった次第です。face07

そして、筆者が失意の底にいた先月中旬…神楽ちゃん懐妊の報せを聞いたのです!嬉しいと思う反面、いつもの様に大ハシャギできない自分に苛立ちを感じ、そんな自分を情けない奴だと思ったモノでした。icon15


****出産直後のめろん、この頃は幸せでイッパイでした。****


そしていよいよ出産近しとなったお盆時期、それまで出張続きであった筆者は帰省する気もなく…使える時間はすべて神楽ちゃんの為に使おうと決めたのです!繁殖経験者として、なにか力になれればと考えました。icon53

連絡を受け急いで車を走らせる道中、様々な思いが胸を去来したのを覚えています…自分が行くと縁起が悪いんじゃないか?とか、仔犬を見て素直に喜んであげられるだろうか?とか、単純に恐怖を感じたりとか。icon11

そんな考えを振り切ろうとするかの如く、車を飛ばしていた様に思います!そういう弱い自分は嫌ですし、こんな時に一緒に喜んであげられる飼い主でありたいと…筆者にとって、それなりに勇気の要る行動でした。face09

そして、その瞬間はスグに訪れたのです。icon99


****母子共に無事…まずは安産で何よりでした。(汗)****


色々と考えていられたのはソコまで、着いた頃には既に1頭目は産まれており…2頭目の分娩が始まっていたのです!直ちに持てる限りの知識と経験を駆使し、仔犬の誕生という瞬間に立ち合わせて貰いました。icon10

仔犬の数は2頭、分娩に要する時間も短く…この時点でハッキリ言えることは神楽ちゃんがもう安全である事、後はこの2頭の安全しかありません!そうです、ここからつい先日の記憶が蘇って来てしまうのですよ。face13

2頭とも身体は決して大きくなく、たったの77gしかなかったはなびほどではないにしても、一方の子は2ケタと油断出来る状況ではありません!元気なのは元気ですが、ソコについてはあの子も同じでしたからね。icon112


****左側の黒毛が2頭目:牡、右側の茶が1頭目:牝です。****


どちらも母乳をシッカリ飲み、よく動いている様子…この後、翌日に向けて体重は減っていく事になるのですが、ウチの場合はそこからでした!一旦減った体重が戻り、増加カーブを描くかかどうかが問題なのです。icon05

ちょっとだけ大きい、2頭目の男の子については心配ないと思いました!同じ元気でも、先月の我が家とはその元気さが明らかに違います…なんだか、らむねたち3兄妹を見ている様で、とても懐かしい感覚でした。face01

どちらかと言えば、1頭目の女の子の事が心配だったのですが…誕生から一昼夜が明け、僅かながら体重が増えて来ている事をぶじ確認!それを見届けてから、ようやく安心し貞パパの家を後にした筆者でした。icon108


****かぐら、ありがとう…おかげで何か救われたよ。****


途中までは、まるであの悲しすぎる記憶のリプレイを観ている様な不思議な感覚…でも、最後の結末だけはそれと大きく異なるものでした!仔犬たちの体重は無事に増えて行き、今度はハッピーエンドだったのです。face16

1人で家路を走る道中、この出来事を素直に喜べている自分に気付き…それをまた嬉しく思いました!はなびの事ははなびの事、そう割り切って仔犬たちと向き合えた事は、とても貴重な経験だったと思います。icon97

それは、四十九日を迎えるほんの数日前の出来事…このことは、本編の更新再開やサークルへの復帰に対し、大きな後押しとなってくれました!神楽ちゃんに勇気を貰い、お陰で前を向く事が出来た気がします。。。icon21