アクセスカウンタ
プロフィール
phoenix
phoenix
性別: 
血液型:A型
生息地:福岡市
原産地:大阪市
出生年:1970年代の早め
妻と愛犬たちと一緒に暮らす会社員、休日と言えばコイツらと遊ぶばかりです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2009年12月15日

巣立ちの後

弟である政宗クンが巣立って行った後の、苺ちゃん…一番の遊び相手が居なくなってしまっても、相変わらず周りには同世代がイッパイいるのでした!そのおかげでしょう、さほど寂しそうな様子は見受けられません。icon99

これって、すごく恵まれた環境ですよね…つくづくそう思います!この様子ならいつまでも仔犬らしく、元気に遊び続けられるというモノです。icon100

巣立ちの後
****政宗クンのポジションに、見事ハマッた感じです。(笑)****


もっぱら、今の遊び相手としては響クンと絡むシーンが多く…動き出したかと思えば、こうして一緒に何かしている所を良く見かけるのでした。face02

多くのパピ仲間たちが集まっている場でも、やはり成犬とでなく仔犬同士で遊ぼうとする…まぁ自然と言えば自然な行動ですが、言い方を変えれば成犬はテリトリーを侵される事を嫌い、そう相手にしてくれないのです。face16

巣立ちの後
****何より変わったのは、この母娘の関係でしょう。****


早くにサッサと子離れをしてしまっためろんと違い、とにかく育児に熱心だった神楽ちゃんでしたが…政宗クンの巣立ちを機に、そう苺ちゃんに構わなくなって来た様です!以前は、それこそ付きっきりだったのですが。face08

とは言え、めろんの様に威嚇したり蹴っ飛ばしたりするのでなく…普通に優しいのですけどね!自分からは進んで行かなくなったと言う事ですよ。face11

巣立ちの後
****めろん様と比べれば、とても優しいお母さんです。(爆)****


あの日に、何かを悟ったのかも知れません。icon53

母犬:めろんの行動は実に本能に忠実な、犬らしいもの…人間に例えれば酷い話ですが、母犬にはいずれ子供を突き放す習性があるのです。icon112

苺ちゃんが姫ちゃん家の2頭目になった事は、既に解ってたでしょうから…政宗クンとの別離により、スイッチが入ったのかも知れませんね。。。face01

同じカテゴリー(よかパピ)の記事画像
迫り来る雨雲
第2クール
30分ルール
安定の低水温
代替で大村
誕生メガネ
同じカテゴリー(よかパピ)の記事
 迫り来る雨雲 (2020-09-03 21:09)
 第2クール (2020-09-02 21:11)
 30分ルール (2020-09-01 21:09)
 安定の低水温 (2020-08-31 21:12)
 代替で大村 (2020-08-30 21:07)
 誕生メガネ (2020-08-10 21:07)

この記事へのコメント
犬ってそういうもんなんですね。。。
あんなに一生懸命世話してたから、
落ち込んでるんじゃなかろうかと、
心配しておりました(>_<)
そういう習慣ならば、つらいにしろ心は
しっかりしてるもんなんでしょうね♪
Posted by さっちー at 2009年12月16日 21:31
人間と一緒で、それぞれ育て方や愛情の掛け方が違うのでしょうね。
姫がもし母親だったら間違いなくめろんちゃんと同じ母親ぶりでしょう(笑)

苺は幸せですよね!
弟が旅立っても周りには遊ぶお友達がたくさんいますから(^O^)
恵まれてます♪
Posted by penママ at 2009年12月16日 22:00
>さっちーさん
考えてみたら、ずっと母犬と一緒に暮らす子の方が珍しいですから…どこかで仔犬を突き放し、1人前にしようとするのです。
さしずめ、ウチは毎日その“突き放し”が行われているのですが!普通に母娘ゲンカにしか見えなくても、実はそんな本能行動なのです。(笑)
神楽ちゃん、そりゃシッカリした心境だと思いますよ。
犬として、これが本当に自然な事なのですから。。。
Posted by phoenixphoenix at 2009年12月17日 00:35
>penママさん
なるほど!解る気がします。(笑)
たしかに、姫ちゃんはめろん系の母犬になってそうですね。
お互いに1頭目同士です…考えてみれば、神楽ちゃんは2頭目の母犬なのですよ!だとすれば、らむねが産むとこんな感じ?なのでしょうか。
まだまだ、これからですよ!
苺ちゃんの本当の楽しみは、成犬になって…大人たちと互角に遊べる様になってからなのですから。。。(燃)
Posted by phoenixphoenix at 2009年12月17日 00:38
いきなりですが、ご相談に乗ってください。柴犬ととミックス犬の子供です。出産は初めての2歳の母親の元、3/30に生まれました。腕白盛りです。歯もしっかり生えて母親と同じものをたべています。なんともほほえましい時期なんですが、貰い手がきまっていて、そろそろ・・・というおはなしもあります。できるだけ無難に母子ともお互いさみしさがない時期ってくるんでしょうか?人間と違うはずなので、そんなに心配もいらないと思ってみたり、母親の心に傷が残ってもと考えたりで・・・
Posted by 村井重夫 at 2010年05月23日 17:06
>村井重夫さん
はじめまして、私の様な素人の…あくまで主観という事でお答えさせて頂きますね!少しでも、お役に立てば幸いです。
私の知る限り、仔犬を巣立たせた後…しばらく母犬は仔犬を探すような行動をとり、それは私たち飼い主の胸にジンとくる光景です。
ただし、それはそう長く続くことではなく…そればかりか、母犬はいずれ自ら仔犬を遠ざける様に出来ている様に思います。
母犬側としては、いつ離してもそんなに大きな問題は無いかと…何か寂しそうな仕草を見せても、それは一過性のものだと考えます。
むしろ、仔犬側の事情が重要ではないでしょうか?とは言え、既に生後2ヶ月ほど経過している様ですし…適正時期も近いでしょう。
やはり、その子の今後にとって重要なのは、母犬以上に新しい家族なのですから、出来るだけ幼い段階で迎えて頂いた方が、そのご家庭にあわせた躾もしやすいというものです。
貰い手さんもお決まりであるとの事、それでは…やはり、そちらのご希望に併せるというのが第一だと、私は考えます。
色んなご意見あるかと思いますが、申し上げました通りあくまで私の私見ですので…参考までに、ご回答差し上げました。
Posted by phoenix at 2010年05月23日 19:13
ありがとうございます。人間が子離れできなくなるのかもしれませんね。勇気をもって、バイバイします。 何せはじめての事件で、4匹おなかにいたのに、生きて出産できたのはこの1匹だったのです。寒い夕方、一人(一匹)ではどうしてよいかわからなかったのでしょう。 また次の機会?(こんかいは予期せぬ出来事だったのですが・・・)は母もずっと成長してくれるでしょう。
Posted by 村井 at 2010年05月23日 19:41
>村井さん
そうでしたか…1頭であれば、ますます母親は寂しがるでしょうね!きっと、胸の痛む思いをされるかと思います。
それでも、その感情がずっと尾を引くことは無いでしょう。
人間と違い、母犬の母性はホルモンの周期に支配されているというのが私の考えです…波が過ぎれば、普段の生活に戻るはずですよ。
そういう所が、人間と違うんですよね…母と子よりも、飼い主さんとの絆の方がよっぽど大切!それが、犬という生き物だと思います。
Posted by phoenixphoenix at 2010年05月23日 19:48
荒らし行為の予告を受けましたので、暫定的な措置として、コメントは承認後に公開させていただく様にしています。ご不便をおかけいたします。
※管理者の判断にて、荒らし・スパム・攻撃的コメントなどの
 類とみなされた場合、予告なく削除させて頂く事があります。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。