アクセスカウンタ
プロフィール
phoenix
phoenix
性別: 
血液型:A型
生息地:福岡市
原産地:大阪市
出生年:1970年代の早め
妻と愛犬たちと一緒に暮らす会社員、休日と言えばコイツらと遊ぶばかりです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2009年12月21日

本能の所業

めろんの様子が変わった事に気付くまで、この事が頭から抜けていたのは筆者ら飼い主の失念以外の何ものでも無いでしょう…これまで何度も経験しているのですから、こうなる事は十分に予測できたハズなのです。icon11

やたら興奮状態が続き、サークルの中で何やらモゾモゾとする様子…時期的に考えても、すぐに間違いないと思いました!例の母親返りです。icon53

犬の妊娠期間は約2ヶ月…つまり、ヒートの2ヶ月後がまさに育児時期という周期に当たるワケで、この時期のめろんはホルモンを影響を強く受け、毎度の様に本能の導きによる育児の真似事を始めるのでした。face08

本能の所業
****そうだった、こんなお約束もあったんですよね。****


全ての牝犬に見られる現象ではなく、もちろん個体差はあるそうですが…出産経験の影響もあってか、めろんには確実に来るモノの様です。face16

サークルの中や畳んだ布団の上など、適当な場所を見つけては掘り返すなどの巣作り行動をとり、そこにタマゴトンちゃんといった音の出る小さなオモチャを持ち込んでは、大事に暖めるかの如く守ろうとします。icon112

と、この状況はこうして説明するほど微笑ましい事ではなく、ヒステリックに周囲を警戒したり、また威嚇したりする様にもなります…オモチャを必死で守り、実の娘であるらむねを追い払うと言うのも実に滑稽な事ですが。face11

本能の所業
****めろんの足元、紛れも無くトンちゃんです。(汗)****


心なしか、今回は特に激しい様に思います。icon10

真っ先に思い出すのは、7月のあの出来事実際に出産をした後、1日ちょっとだけ育児をした所で母犬の役割を終えてしまい、直ちに妻の実家に連れて行く事により、懸念されていた精神的負荷を回避したのです。icon108

その事が影響して、今回の症状に激しさをもたらしているのか、また飼い主にそういう意識があってその様に思えるだけなのか、そこは断言しかねますが…例が無いほどに取り乱している事は、間違いない様です。。。icon05

同じカテゴリー(はなびの思い出)の記事画像
はなびも還暦
10年後
模様替え
援軍なし
第4子の日
年イチキャラ
同じカテゴリー(はなびの思い出)の記事
 はなびも還暦 (2020-07-23 21:08)
 10年後 (2019-07-04 21:12)
 模様替え (2018-07-24 21:07)
 援軍なし (2018-07-04 21:07)
 第4子の日 (2017-07-04 21:07)
 年イチキャラ (2016-07-29 21:05)

この記事へのコメント
ほんと、すごかったですよね!!
ヒステリックって感じでした。。。
疲れるでしょうに。。。
どれくらい続くんですか?
はやく治まるといいですね。。。
Posted by さっちー at 2009年12月22日 22:54
>さっちーさん
とりあえず、まだギャーギャー言っとります。(笑)
出来れば、出かけた方がイイんですよね…気分の問題も多々あるので、なまじ家にいるから収まらないというのもあるのでしょう。
外に行けば、色々ある分だけ気が紛れるじゃないですか。
やれやれです。。。(汗)
Posted by phoenix at 2009年12月23日 01:48
あけましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰中に
タイトル変わっていたのでビックリ!

めろんちゃんの母親帰りの行動、
牝犬で出産経験のあるオーナーさんには
心当たりがあるのかもですが
うちのおじさん犬・チュウ太氏も
適当な場所を見つけては掘り返す巣作り行動や、まさに同じくタマゴちゃんやトンちゃんを持ち込んで大事に抱え込んで暖めてます。
そして、タマゴちゃんトンちゃんを奪おうとしてみると、ヒステリック怒り、その後、そこに近づこうとするもんなら激しく威嚇します。
育児経験もないのに・・・。
もしかして、おねえ犬?!


今年も宜しくお願いします。
Posted by チュウ太 at 2010年01月05日 13:01
>チュウ太さん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
昨年は本当に激動の1年だった事でしょうね…そうなんですよ、実は11月にタイトルを改めさせて頂きました。
改めて、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
それにしても、驚きました…。(汗)
それは明らかに、牝でいうところの“母親返り”ですね!めろんとまったく同じです…まさかまさか、男の子でもそういう事があるとは。
おねえ…なんでしょうか?う~ん。
仔犬時代まで遡って、同胎の子たちと一緒に過ごしていた頃の姿を見れば、何かそこに由来となる条件があるかも知れませんね。
いずれにせよ、すごく興味深い事だと思います。
良い年にしましょうね、それでは。。。
Posted by phoenix at 2010年01月05日 13:12
荒らし行為の予告を受けましたので、暫定的な措置として、コメントは承認後に公開させていただく様にしています。ご不便をおかけいたします。
※管理者の判断にて、荒らし・スパム・攻撃的コメントなどの
 類とみなされた場合、予告なく削除させて頂く事があります。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。