アクセスカウンタ
プロフィール
phoenix
phoenix
性別: 
血液型:A型
生息地:福岡市
原産地:大阪市
出生年:1970年代の早め
妻と愛犬たちと一緒に暮らす会社員、休日と言えばコイツらと遊ぶばかりです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ

2009年10月12日

困惑

先週の事になりますが、家の床に血の跡が…めろんにヒートが訪れました!驚きましたよ、もう来たのか?というのが正直な感想です。face08
前回のヒートから、いつの間にかそんな時間が経っていたんですね。icon133

考えてみれば、5月の交配にさきだち…4月に始まったヒートでした!従って、もう6ヶ月近く経過しているという事になるワケですよ。icon53

でも、前回の出産は8月中旬で…逆算するとヒートの始まりは6月中旬と言った所、そして産後の初ヒートは1月だったワケですから、ざっと7ヶ月のブランクだったという事になります!通常より、ちょっと長い位です。icon112


****そうか、めろん…もうそんな時期なんだな。****


筆者の中で、その経験があった為…なんとなく、出産をした場合は多少ブランクが出来るものだという先入観があったのでした!それだけに、この時期にヒートが始まった事は実に計算外で、違和感を覚えたのです。face12

もしかすると…出産はしたものの、育児をしていない事と関連があるのでしょうか?その場合は、さほどブランクが出来ないという事かと!断言は出来ませんが、目の前の事実だけを見れば、そう考えられますよね。icon05

それで、昨日のオフ会は1頭だったのです。face11


****悪かったな、留守番させて…ヒマだったろ?****


この時、筆者のアタマをよぎったのは…交配相手の犬舎さんご報告に行った時の、あのひと言でした!けっきょく仔犬がダメだった事を告げると、また次の機会に掛け直してあげると言われたんですよね、たしか。icon11

飼い主の心の準備もままならない内に、次の週末にはまた排卵時期を迎えるめろん…自問自答をしますが、どう考えたって答えは“No”です。icon23

仔犬を諦めたくない気持ちと母胎の負担、そして何よりもうあんな思いをしたくないというトラウマ的な心境…次回は?となると今度は年齢の不安が出て来ます!でも、今すぐ結論を出す事なんて到底出来ません。。。face07

同じカテゴリー(2章:『母娘日記』)の記事画像
再フィナーレ
首輪の限界
1本目の出来
1週やすみ
太った…か?
必然の再発
同じカテゴリー(2章:『母娘日記』)の記事
 再フィナーレ (2009-11-01 19:07)
 首輪の限界 (2009-10-29 21:35)
 1本目の出来 (2009-10-25 23:04)
 1週やすみ (2009-10-23 22:56)
 太った…か? (2009-10-20 21:01)
 必然の再発 (2009-10-19 22:47)

この記事へのコメント
うちのミナも出産してから、4ヶ月目でさんご初のヒートが来ました。出産してから数えてたので正直早いと思いました。
まだ、チビたちも小さかったんであせりましたけどね(ノω`)
出産させるのも迷いますよね。実際母親にはかなり負担がかかるわけですから。でも、仔犬を欲しいという気持ちもわかります。時間は少ないけどしっかり考えてよい答えを出してくださいね。
Posted by RYO at 2009年10月13日 00:05
そうらしいですよ(;^_^A

最近、ブログで見ました。
次のヒートを早くして、出産させるために、早々に離乳させる…

という話でした。



交配…そうですね…
止めておいたほうがよい気がしますね…

もし、もう一度…と思われるようでしたら、今からレッドラズなどのサプリメントを飲ませておいた方がよいでしょうね〜
Posted by ☆clara at 2009年10月13日 00:07
>RYOさん
4ヶ月という事は、つまり前回ヒートからキッチリ半年という事…お産に関係なく、通常の周期で来たワケですね。
それは、まさに今回のめろんと一緒…育児があっても、そうなるケースってあるんですね!なるほど、参考になります。
色々と、考慮すべき問題があり…軽々しく結論が出せる事ではないと思いますが、なんせもう1人の飼い主の意向もあります。
どのみち、今回はパスに違いないですね。。。
Posted by phoenix at 2009年10月13日 00:10
>☆claraさん
なるほど、ブリーダーさんでの事例ですね。
どちらのブログでご覧になったのか存じませんが、育児をしない事と次回ヒートの時期とは関連がある…という事ですか。
そうであれば、今回ちょっと早めに来た事も説明がつきますね。
色々と、ご意見ありがとうございます。
止めておくべきという部分、そしてサプリメントを使うべきという部分、それぞれの根拠まで解りかねますが…参考とさせて頂きます。
結局、すべては飼い主が決める事ですので。。。
Posted by phoenix at 2009年10月13日 00:15
ここ数か月、読み逃げですみませんでした。
私が一番辛かった時、phoenixさんに助けて頂いたのに、
phoenixさんがお辛い時、辛さが分かるだけに
掛ける言葉もありませんでした。

>トラウマ的な心境…
よく分ります。
急いで決めなくてもいずれ結論が出るでしょう。
どういう結論でもそれがphoenixさんやめろんちゃんにとって一番いいことなのだと思います。
Posted by ベルママ at 2009年10月13日 00:16
>ベルママさん
いえいえ、ちゃんと足跡で判っていましたよ。(笑)
いつも気にかけて下さって…本当にありがとうございました。
以前ベルママさんが同じ経験をされた時、十分に勉強させて頂いたはずなのに…それでも、やはり同じ事が起きてしまいました。
ずいぶんと打ちのめされてしまいましたが、かつてみかんちゃんのお産を見届けていたからこそ、こうして立ち直れたのですよ。
結果はどうあれ、感謝しております。
いずれにせよ、結論を出すのは飼い主である我が家…そして、それを導くにはまだ知識が足りません!もうちょっと勉強します。
でも、知識を揃えた所で万全じゃないんですよね…繁殖というのは、結局最後は“神様次第”なんだと思います。。。
Posted by phoenix at 2009年10月13日 00:28
確かに・・・悩むところですよね(v_v)
でもどちらにしても一番大事なのはめろんちゃんの体。
もう一度仔犬を、との気持ちも分かりますが、めろんちゃんにとって最適の選択をしてあげてくださいね☆
phoenixさんの事だから、私が心配しなくてもちゃんと考えてくださるでしょうけどf^^;
もう少しの時間、じっくり考えて答えを出してくださいね。
Posted by ☆riri-☆☆riri-☆ at 2009年10月13日 15:05
>☆riri-☆さん
これについては、色んな方から「どうするの?」と聞かれるんですよ…でもね、正直な所を言えば“まだ決めたくない”んです。
諦めてしまう事は、今すぐだって出来るワケで…そこに、何の準備も判断も必要ありません!でも、決行するとなれば大変ですからね。
6歳での再挑戦がどうなのか?父親はどう考えるべきなのか?色々と、新たなテーマが出てきます…現時点では、知識が足りません。
それともう1つ、絶対に必要なモノ…それは、私の覚悟です。
ありがとうございます!もう半年ほど、結論は保留しておきます。。。
Posted by phoenixphoenix at 2009年10月13日 15:15
phoenixさんの中で今はこれからの知識、勉強時期。気持ちの充電期間と決められているようだし、「今はまだ決めたくない」それでいいと思います。
ダメだったから次。じゃ…ちょっと悲しい気がします。もちろん、外野のわたしがとやかくいうつもりもありません。
でも…今はまだ決めたくないでいいと思うんです。
無理に気持ちを整理すると「後悔」になったりすることもありますもんね。
次の命はそれはもうその子にこれ以上ない愛情を注ぎたいと思ってらっしゃるだろうから、気持ちが自然に「次」に向くまではこのままでいいと思うんです。
そうでなくても、愛娘らむは二人分のエネルギーもってますもんね(^_^;)
応援しています!
Posted by 虎太郎&みく at 2009年10月13日 15:44
>虎太郎&みくさん
どれだけ知識があって、経験があって、カンペキに理論武装をしたところで…しょせん、確実というのは無いのが繁殖です。
補えるのは、せいぜい可能性を上げられるという程度のモノ…だからこそ、常に失敗は想定しておかなきゃいけないんですよね。
今回の事で、身にしみて解りました…。
カンペキな結果に終わった前回と、悲しい結果に終わった今回、どちらが知識・経験を持っていたかと言えば…明らかですから。
最終的には、私がどこまで腹をくくれるかというだけの事だと思います!繁殖をさせる以上、愛犬の負担は回避できませんのでね。
どのみち、決して飼い主のエゴじゃないなんて事は言えないのです。
現状維持か冒険か、2つに1つ…今回はパスして、その後をゆっくり考えようと思っております。
ありがとうございました!気に掛けて下さって嬉しいです。。。
Posted by phoenix at 2009年10月13日 16:27
phoenixさん
昨夜から何てコメント入れようか迷っていたけど私は最終的にはphoenixさんの考えが全てだと思っています。成功するも失敗するも産まれてくる仔の生命を預かる事です。簡単ではない事は繁殖する人だけの問題ではないですよね。
めろんちゃんの体力的な問題もその飼い主の責任の中に含まれているのですよね。家は失敗を元に成功でした。あの2年前の10月10日が有って今の姿が有ると思っています。無知だった自分にどれだけ腹が立ったか・・・
全て選ばれた飼い主の責任なのだからphoenixさんが考えて決めた事に間違いはありません。ただ言えるのははなび君の事はphoenixさんの責任ではないという事です。はなび君は絶対に何かしら役目を負って産まれたのだと思います。
何か何のお役にもたててないですね。
私は初めてお会いした時からphoenix家の大ファンです。それは今でも変わっていませんから・・・・応援しています。
Posted by osumi at 2009年10月13日 21:03
>osumiさん
ありがとうございます、真剣に考えて下さって…。
私と、ほぼ同じお考えですね!そう、すべては飼い主の責任ですよ。
野生の犬は、すべて本能のまま繁殖をするのでしょうが…人によって育てられた室内犬は、飼い主の意思によって繁殖するのです。
無事に子供を産み育てる事も、難産の結果命を落としてしまう事もありますが…それは全て、飼い主のした事ですよね。
自分の判断によって最悪の結果を迎えたとして、それを受け入れられるかどうか…それが無ければ、繁殖をするべきじゃないですね。
知識・経験・テクニック、そんなものは確率を上げてくれるだけであり、それがあれば完全に危険を回避出来るものじゃありません。
最も繁殖に必要なもの、それは覚悟なんだと改めて思いました。
だからこそ、プロの繁殖家だけがブリーダーと呼ばれるのですよね。
私は、あくまでいち飼い主であり愛好家でしかありません…。
暖かいエールを、本当にありがとうございます!どんな結論であれ、絶対に後悔しない選択をしようと思います。
それまで、この話題は封印しておきましょうか。。。
Posted by phoenixphoenix at 2009年10月13日 21:16
言葉足らずでスミマセンm(__)m

今回のヒートでの交配は止めておいたほうが…
という意味合いだったのですが、「今回」が抜けていましたね(;^_^A

根拠はありませんけど、母体を大事にしたい為です。

サプリメントを使うべきという部分も
ブリーダーさんの請け売りですが、繁殖しようと思った時点から飲ませた方がいいらしいですし、
「交配前や妊娠前期の母犬に栄養不良が見られる場合は新生子の健康状態に大きく影響し…」と繁殖飼育学のテキストにありますので、交配前からケアしてあげた方がよいかと…

生理痛で薬を飲んでいたようですので、その辺りも改善されたらよいなぁと思ったのでお勧めしました。

もちろん、おっしゃるとおり決めるのは飼い主さんですので、自分なら…と思ったことを書いてしまいました(;^_^A

スミマセンm(__)m
Posted by ☆clara at 2009年10月13日 23:23
>☆claraさん
ご丁寧に、どうもありがとうございます。
でもね…☆claraさん、誤解をなさらないで下さい。
私は、別にその説明を求めているわけではないのですよ。
サプリメントの使用については、繁殖家の方や医師によってはそれぞれ意見が異なりますし、どれが正解とも言えないと思います。
すべては、結果論でしか証明できないのですからね。
サプリメントを上手く活用していれば、今はなびは生きているのでしょうか?そうかも知れませんし、そうじゃないかも知れません。
前に進むかどうかは、私の覚悟次第です…従って、今は知識や手法に優先順位を置いておりません。
それから、今回は“No”である事は本文に記した通りですので…そこについては、私も同じ考えですよ。
いかなる結果も、我が家が受け止めなければならない事です。
どうか、そこは自分で決めさせて下さい。。。
Posted by phoenixphoenix at 2009年10月13日 23:35
荒らし行為の予告を受けましたので、暫定的な措置として、コメントは承認後に公開させていただく様にしています。ご不便をおかけいたします。
※管理者の判断にて、荒らし・スパム・攻撃的コメントなどの
 類とみなされた場合、予告なく削除させて頂く事があります。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。