アクセスカウンタ
プロフィール
phoenix
phoenix
性別: 
血液型:A型
生息地:福岡市
原産地:大阪市
出生年:1970年代の早め
妻と愛犬たちと一緒に暮らす会社員、休日と言えばコイツらと遊ぶばかりです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
オーナーへメッセージ

2021年12月19日

記憶のなかで

2006年の8月16日にめろんの第2子として生を受けたらむね、それから3ヶ月は、昨年に旅立っていった兄のむさし、今も妻の実家で元気に暮らす妹のあんずと一緒に育ち、そして兄妹の巣立ちを見送りましたicon23

母と共に暮らすという、犬としては珍しい環境にいたことは、らむねの個性が形成される上で、とても重要な要素だったんじゃないかと思います。icon53

記憶のなかで
****仔犬の頃から、独特な飲み方をしていました。****


そして始まった我が家の2頭飼い生活1歳となる前よかパピの仲間たちとの出会いがあり、主な遊び場はGHのドッグラン、たまたまそこにあったアジリティの設備を試すと、一発で決めて見せた時には驚きました。face08

それからというもの、出掛ける度に多くの友達ができていき、犬同士のコミュニケーションを覚えていきました!完全にガキ大将タイプでしたが。face11

記憶のなかで
****屋根のないサークルは、本当に無意味でした。****


泳ぐことの楽しさを知ったのも、ちょうどその頃です…大会で優勝したかと思えば、今度は母親にタイトルを奪われたりと、暑くて熱い日々…やがて代名詞となる豪快なダイブも、いつの間にか身につけていたものです。icon108

もう1つ欠かせないのが無類の仔犬好きという一面、年下と見るや、誰に頼まれるでもなく教育係を買って出ては、仲間に加えていくのですよ。face13

記憶のなかで
****負けず嫌いな性格が、思いっきり表情に出ていますね。****


そんな中で、生涯の相棒とも言える弟分でんクンと出会いました!初対面からいきなりらむねの洗礼を受け、遊ぶ時には後をついていくようになり…当たり前のように彼もダイブを覚えた時には、大爆笑だったなと。face02

また、写りたがりという性質もありました!誰かが写真を撮られていると、自分も勝手に写りにいくという…実際、目立ちたがり屋ではありますが。icon207

記憶のなかで
****とにかく、この2頭が揃うと何かが起きていたものです。****


厳密に言うと、褒められたがりだったのでしょう…いい写真が撮れるたびに、筆者が大げさに褒めるものですから!それがとても善い行いだという風にインプットされ、撮影と見るや黙っていられなくなったと思います。icon108

めろんが満10歳になった直後、2014年の4月26日わさびを3頭目として迎えた時も、期待通りに躾を始め強烈な姉となっていくわけです。icon88

記憶のなかで
****姉がこうだと、嫌でも鍛えられますね。****


その後は、わさこ専属と認めたのか、少しずつ仔犬への興味が薄れていったように思います…そういうのは妹の役目とでも考えていたのか、妹への指導が緩むことはなかったので、そういうことかも知れないなと。face01

11歳になってのエクストリーム体験など、歳を重ねても変わらず身体を動かすことが大好きな子でした!それにしても、まさか勝ってしまうとは。icon10

記憶のなかで
****身体能力に加え、器用さもあったのでしょう。****


衰え知らずという言葉がピッタリならむねでしたけど、昨年あたりからは、さすがに少しずつ運動量が落ちてきて…なんだか急に筋肉量が減り、体重が落ちてきたなと思っていたら、突然その日がやってきたのです。icon05

生まれつきの骨格異常を、筋肉が支えきれなくなったことで、自力での歩行が困難になりましたその後は、わりと記憶に新しいところですね。face16

記憶のなかで
****本当に、顔だけはずっと変わりませんでした。****


そうなった後も、その表情いつまでも若々しく、老け込む様子は一切なかったように思います!天真爛漫にして従順ならむねのままで、動けない身体で必死に筆者の後をついて来ようとし、呼べば膝に乗る子でした。icon100

いかにも女子らしい、自分の世界で生きているような母や妹と異なり、そんな一面も持っている子だったのです…思い起こせば、全てが懐かしい。icon12

記憶のなかで
****一昨年のお正月撮影、ソロは未公開だったので。****


そして2021年11月に開かれた鹿児島オフ会への参加最後に、その翌日の11月15日、15歳と3ヶ月にして、不幸な医療事故で、突然旅立っていきました…こうしてまとめると簡単ですが、これがらむねの生涯です。icon112

この手に抱くことは二度と叶いませんが、思い出の扉は、いつでも開くことができます…こういうのを、記憶の中で生きていると言うのでしょう。。。icon99

同じカテゴリー(トピックス)の記事画像
らむねの日
静かに16周年
帰還する母娘
区切り
ポストカード
105日目
同じカテゴリー(トピックス)の記事
 らむねの日 (2022-08-16 21:10)
 静かに16周年 (2022-08-14 21:06)
 帰還する母娘 (2022-07-15 21:09)
 区切り (2022-04-08 21:12)
 ポストカード (2022-04-01 21:07)
 105日目 (2022-02-27 21:07)

※管理者の判断にて、荒らし・スパム・攻撃的コメントなどの
 類とみなされた場合、予告なく削除させて頂く事があります。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。